名古屋市熱田区腰痛整体名古屋の腰痛特化整体院

腰痛 名古屋 整体

整形外科や整骨院に行っても
腰の痛みが良くならない!
そんなあなたも
医師も推奨する腰痛整体で
腰痛の痛み解消に。
腰痛の緩和.解消が非常に得意です

慢性の腰痛やぎっくり腰まで。寝て起きたら痛い腰痛、歩けない、常に腰が重たく感じる、立ち上がるとき痛みが走る・・など。当整体院には色々な腰痛で沢山の方が来院され、ぎっくり腰の痛みを和らげてきました。

名古屋市金山すぐの当整体院には、豊富な経験から腰痛を根本的に解消することが非常に得意です。名古屋以外からも多く、腰痛でお困りの方を施術してきました。10年以上の腰痛の臨床経験から腰痛の原因を見極め、ソフトな整体で腰痛にアプローチ。腰痛の原因だけではなく、その方に合ったそれぞれの腰痛の、根本原因にもしっかり整体を施術していくので、予防や再発防止も期待できます。
そのため医師の方からも紹介を頂ける整体院となりました。重症の方も中にはお見えになりますが、腰痛の原因ははっきりしない、いわゆる腰痛症と診断された方が一番多いです。腰痛症は整体でしっかり痛みが消えてゆきます。腰痛症ではない重度の腰痛の方は当然何度か整体に回復までに時間が掛かりますが、一度で良くなると勘違いされている重度の腰痛の方は一番危険です。何故なら重症だと自覚なく無理して仕事をしてしまったり、無茶をされがちですので、しっかり回復に専念してください。無理をし過ぎて何度もオペをしている方もいます。全く歩けなくなる前に当整体院でしっかり腰痛をなくしましょう。
バランスも取ってくれている筋肉、大腰筋の疲労の蓄積が初めの腰痛の原因です。
当整体院では姿勢不良、骨盤矯正、肋骨矯正、足関節矯正などソフトな整体でしっかり腰痛以外の箇所も正してゆきます。

腰痛 整体 ぎっくり

掲載情報222

名古屋金山の整体院・腰痛の診断名

名古屋の腰痛整体のページ

一般的なことですが、
椎体の後面と椎弓の前面に囲まれた脊柱管の中には、神経が通っています。椎体と椎体の間には椎間板があってクッションの役目を果たしています。
この腰椎の部分で歪みやずれにより、神経が圧迫されていたり、椎間板が飛び出し神経に触れることにより痛みが発生します。(腰椎ヘルニアや脊柱管狭窄症)

神経を圧迫されることにより、その痛みは腰だけではなく、お尻から足にかけても痛みが出ることがあります。また、しびれや力が入りにくいなども発症することがあります。
また骨粗しょう症などが原因で腰椎が圧迫骨折をすることにより痛みが出ていることもあります。これらはMRIやレントゲンにより判断が可能です。
ただ、診断名がついても病気名=痛みの原因というわけではないのが実情です。
腰椎ヘルニアの手術をしても痛みが治まらない方がいらっしゃいますが、ヘルニアは無くなっても痛みの原因は無くなっていないため腰痛は残ってしまうのです。

レントゲンやMRIで分からない腰痛

腰痛でお悩みの方の約85%はレントゲンなどで原因がわからない腰痛です。
たとえば、ぎっくり腰は一般には「腰の捻挫」が原因とされています。捻挫とは関節の周囲の靭帯が伸びるなどして炎症が起こっている状態のことです。骨自体に変化があるわけでも靭帯が切れたわけでもないので、レントゲンには異常が映らない。ですので、大体の見当は付くが、どこの部分がどう損傷しているかはっきりとは特定できません。

このことは、整形外科などの病院で使用されています、『腰痛診療ガイドライン』にも記載がされています。医師による問診、診察所見、X線のレントゲン、CT、MRIなどの画像診断においても、85%の腰痛は、患者さんが訴える痛み痺れなどの内容と、病院での検査結果が一致しないのです。
こういった方の腰痛を解消することが非常に得意です。

レントゲン等で、腰椎ヘルニアがしっかり確認できるのに、腰痛にはなったことがない、腰の痛み痺れ疼き等全くない方は大勢います。

腰痛のこんなお悩みお持ちではないですか?

[check]痛み止めもブロック注射も効かない
[check]何ヶ月も同じ痛みが続いている
[check]椎間板ヘルニアが原因かも知れないと言われた
[check]お尻・太もも・ふくらはぎに激痛が走る・痺れる
[check]尾底骨が痛くて座っていられない
[check]朝から腰が固まってしまい靴下を履くのも辛い

名古屋 腰痛 病院

腰痛は様々な原因からきます。
・安静時に腰痛が消失もしくは軽減しない。
・腰痛の痛みがしだいに強くなる。
腰痛とともに足のしびれや痛み、違和感、だるさがある…
なんて症状がある腰痛の方は特に注意です!

骨盤が歪んでいると全身が歪んでしまうかもしれません。
放っておかないで、早めに対処しましょう。
当院ではヘルニア脊柱管狭窄症すべり症ぎっくり腰坐骨神経痛など、
色々な診断をされた方が多く来院されています。

慢性腰痛・急性腰痛になってしまった時の対処、予防方法

名古屋健康回復院の腰痛コラム

病院で使用されているマニュアルともいうべき『腰痛診療ガイドライン』には、
原因の分からない腰痛は85%
原因の分かる腰痛は15%と記載されています。

原因は分からない、ぎっくり腰や慢性腰痛に限った話しではなく、病院では原因がはっきりしているとされる腰椎ヘルニア、脊柱管狭窄症、すべり症などの特異的腰痛(病院で原因が分かるのも)は、普段の動作時に、
上半身の重心がどこへ行くのか、重心の掛け方を考慮した体の使い方で、
そもそも腰痛になるか否か、腰痛持ちになっても、その腰痛が悪化するのか、早く治るのかが大きく差が出ます。
運動の出来る人は上半身の重心の掛け方も含めて、それが自然と出来ているので、スムーズに動かせて、スポーツの運動神経が良いと言われる。
上半身の重心の負荷が痛い部位にゆけば、さらに激痛となり悪化します。
逆に負荷が痛い部分にいかせない体の使い方をしていれば、早期に腰痛が解消されるのです。
では具体的にどのように腰痛対策をすれば良いのでしょうか。

軽い腰痛の治し方、腰痛悪化の予防

負荷を分散させる為に立って作業する時は、踵の幅を広げて立つ。
肩幅か肩幅より若干広めが良い傾向にあります。
立ちっぱなしの仕事(警備員や立位の受付など)であれば、水平を向き、真横に大きめに広げて立つ。
立って何か作業をする(皿洗いなどの仕事)ならば、真横よりも10〜20㎝程度、若干斜めに踵の幅を広げて立つ。

パソコン作業の事務仕事など座って仕事をする時は、腰が丸まらないように
10分に1度は背もたれに30秒程度でも、もたれる。その時に水平を向く。
1時間に1度はあえてトイレまで歩く。同じ部位に負荷が持続するのを防ぐ為です。

早速、今から習慣にしてみましょう。
知識はあっても、実践しない時期ってありますよね。
ちょっとした自分のカラダへの気配りで将来が変わっていきます。
ちょっとした気配りで職場や家庭内が澄んだ空気になる否か。
ちょっとした気配りで自然環境が綺麗になっていくか否か。
即、実践しよう。

急性腰痛といった痛みのピークが 突然きた方へ

熱を持った腰部を保冷剤で冷やして下さい。
横寝が楽な場合は横寝で、横寝でも痛い方は仰向けで膝を立てるように膝下に座布団を折りたたむことも良いです。
立っていたり座っているよりは痛みが緩和します。
横寝が楽な方は、エビのように丸まって寝るのが良いです。

動けないときはしばらく楽な横寝などで数時間様子をみて下さい。
座っていると上半身の重さが腰部にかかるため、より固まる原因になります。
負荷を減らすためにも横寝になって下さい。

それでも痛みが波打つ等の方は
骨盤をしっかり固定できる骨盤ベルトをしっかり骨盤の骨に巻いて、
激痛がおさまるのを待って下さい。
骨盤をギュッとおさえるタイプの骨盤ベルトは、骨盤を締め付けることで、
大腰筋がわずかに緩んでゆき、痛みが緩和されます。
痛みが治まったら、ベルトの使用は控えると良いです。

慢性腰痛という腰痛は、腰部が重だるいといった初期症状から自覚がはじまる。

立ち仕事や、トラックの運転、重いものを持つ運ぶ仕事、
上記以外でも内勤のパソコン作業で腰の負担は少ないのに?と思っている方、
体のバランスを調整してくれる筋肉は歩いている時にも働いています。
このバランスを取る筋肉を仮にバランス筋としましょう。
寝ても回復されなくなったバランス筋がソファーに座っているだけでも
負荷がかかるようになってしまい慢性腰痛が良くならない !
といった感覚になってしまうのです。

仕事以外の適度な運動は良いですよ。

疲労かな ? と思える程度の腰痛であれば、軽いジムの運動でも解消されます。
仕事中の運動と仕事以外の運度は気分、楽しさが違います。
そういったことからくる脳波違いで、筋肉も硬直につながるか、弛緩に繋がるか違ってきます。楽しいから軽い運動するのなら大丈夫です。
最近運動していないので腰痛になったのかなと、やらなきゃいけないと思ってするのならば、しなくても良いでしょうね。

自覚して、このままの腰痛ではヤバイ ! と感じる方へ

座って前屈して下さい。無理してはダメ。
自分のできる範囲で足を伸ばして座り、おじぎをして脚の後ろ側の筋肉を伸ばしてあげる
非常に軽いストレットを30秒。
これを適当に繰り返し繰り返しやりましょう。
オススメは30秒を三回。できればテレビCMの間はいつもやるなど習慣にして下さい。
膝の裏側の筋肉に軽いストレッチです。これを無理やりやってしまうと筋原繊維が切れてしまいますから腰痛が悪化することもありますので気を付けて。

脚の筋肉が疲労していると股関節の筋肉も自覚なく疲労して硬くなっています。
すると普段以上にバランス筋へ負荷がかかり、バランス筋の硬直が始まります。
多少の拘縮は誰でもあるかも知れませんが、その日々の蓄積が椎間板ヘルニア、
脊柱管狭窄症、腰椎すべり症といった典型的な腰痛の診断名、指針となるのです。

簡単なメンテナンスはご自身の人生を大きく左右します。

当整体院は腰痛の解消が得意です。当院の整体について

名古屋の整体・健康回復院には慢性腰痛・ぎっくり腰・腰椎ヘルニア・すべり症など様々な腰痛の症状の方が来院しています。
一言に腰痛と言っても痛みの部分が違ったり痛みの感じ方が異なったり、
よくある腰痛の原因(症状)はこのような物があります。
ぎっくり腰・腰椎椎間板ヘルニア・すべり症・脊柱管狭窄症・腰椎分離症・側湾症…など。
当整体院では慢性腰痛から・ぎっくり腰・すべり症・脊柱管狭窄症まで、広い範囲で腰痛の整体を行っております。

長年の慢性腰痛から突然のぎっくり腰まで、
腰痛でお悩みなら名古屋の金山駅前、健康回復院にご相談ください。

多くの腰痛の原因としては身体の歪みが原因しています。
歪みは日常生活の癖や、姿勢などによって身体にしみついてる場合があります。
その歪みを放っておいては、痛みが引いてもまた、再発することも考えられます。
健康回復院では日常の癖は歪みの傾向などを指摘して、
先に腰痛が再発しないような身体を作れるよう必要であればアドバイスもしています。
自分は歪んでいる?!程度でも、予防のために来るのも1つの手段だと思います。
うちの整体は慢性腰痛、急性腰痛の予防院でもあります。
上記の体の歪みの根源、ある硬い筋肉を特殊な整体で弛緩させ、結果歪みがなくなり、
普段の動作が楽になります。歪みがないので、小さな筋肉に負荷が掛からなくなり
痛み再発予防につながるのです。

腰痛で整体を受けられた方の感想

名古屋整体感想評判名古屋在住・30代男性/腰痛・他

名古屋は金山の腰痛整体を受けた感想

学生の頃から定期的に腰痛に悩まされていましたが、健康回復院での施術で大きく和らぎました。
施術で痛みや凝りが軽減するだけでなく、日々の生活で気をつける点や身体のバランスの悪さを補うトレーニングなど教わり、全身快調な方向に変わっていっています。
今後ともお世話になります!

名古屋健康回復院の腰痛整体受けた感想評判都内在住・20代女性・腰痛・背中の痛み

ぎっくり腰、腰痛・名古屋健康回復院の整体の感想


腰を痛めてしまい数日ずっと違和感がありました。
自宅でストレッチしてたけど…先生の優しく軽い施術はたった10分ほどで
すーっと痛みが和らぎとっても「ラク♡」になりました。 
他のとこに行きたくないっ!て思います。おすすめです!

脊柱管狭窄症と診断され、腰痛でお悩みだった方から整体を受けた感想



腰痛・全身疲労でお悩みだった男性からの腰痛の整体を受けた感想




トップページへ



腰痛・すべり症・名古屋市で腰痛整体なら金山駅徒歩1分の健康回復院へ

052-682-4271
(腰痛整体・ご予約、問い合わせなどはお電話でお願いします。)
LINEやメールでもご予約受付中
住所 愛知県名古屋市熱田区金山町1丁目4-13 弐番館.1階
   金山駅南口から徒歩1分
営業時間:10:00~21:30(最終受付21:00)
定休日 不定休(研修などによりお休みをいただく場合があります。)