ぎっくり腰 整体 名古屋ぎっくり腰なら当整体院へ

名古屋ギックリ腰・金山の整体

整形外科や整骨院に行っても
ぎっくり腰の痛みが良くならない!
そんなあなたも
医師も推奨する整体で
腰痛のない生活を取り戻しましょう
当院はぎっくり腰の解消が非常に得意
ふとした瞬間に腰に激痛がはしる・ぎっくり腰。歩けない、身体を真っすぐにできないなど生活に支障をきたす場合があります。当整体院にはぎっくり腰の方が沢山来院され、ぎっくり腰の痛みを解消してゆきました。

ぎっくり腰に対する多くの手技手法、ぎっくり腰の非常に多くの臨床経験があり、様々な原因のぎっくり腰に対応しております。
ぎっくり腰整体 LINE,メールでの予約

こんな症状はありませんか?
[check]朝起き上がるときに腰に電気が走った
[check]身体を真っすぐにできない
[check]年に数回ぎっくり腰を繰り返す
[check]くしゃみをした瞬間に腰に力が入らなくなった
[check]急激な腰痛に襲われた

もう大丈夫です。ぎっくり腰が得意な健康回復院にお任せください!

ぎっくり腰解消に名古屋健康回復院

ぎっくり腰解消で評判の名古屋健康回復院

謎の多い急性腰痛症 ⇒総称して「ぎっくり腰」。特に季節の変わり目や寒暖の差が激しい季節にぎっくり腰の患者さんが増加します。

腰にギクッと瞬間的な痛みが走り、そのままひどい腰痛になる。
患者さんの中にはぎっくり腰の痛みを電気が走るような痛みだったと表現する人もいます。また、ビキッと音がなったという方もいます。人によってはくしゃみでさえもきっかけになる場合もあり、いずれにしても慢性腰痛とは異なり瞬間的、または短期間で非常に強い疼くような腰痛になるのが特徴です。そしてしばらくその痛みは続き、身体を真っすぐに伸ばせなかったり、酷い方ではうまく歩くことができないほどです。

ぎっくり腰になられる方の多くが、「どうして私が?!」と言われます。ぎっくり腰の痛みは突然やってくるものですが、もともと原因があり、潜在的にぎっくり腰になるリスクがあることに気が付いていない方が非常に多いです。

ぎっくり腰の原因

ぎっくり腰 改善 名古屋

病院の診療では、ぎっくり腰の原因は必ず「これ」という決まりは無く、全身の骨格の歪みや、筋肉の拘縮、腰部に対する急激なストレス負荷によるものであると考えられています。
とくにひねり動作や身体を起こす動作の時にぎっくり腰を発症することが多いですが、はっきりとした原因は西洋医学的には解明されていないのが現状なのです。
腰痛の85%が原因不明とされているうちの一つがぎっくり腰です。
ヘルニアなどでも誤解されている方が多いのですが、ヘルニアによって痛いのではなく、痛みの原因は背骨や椎間板ではなく「筋肉の硬さ」が原因です。

名古屋の当整体院でぎっくり腰の整体をおこなっていく中で感じたのは、ぎっくり腰になりやすい人は元々腰回りの筋肉が非常に硬く、脊柱の生理湾曲が付いてない方が多い傾向にあります。生理湾曲が付いていないため普段の姿勢ですら筋肉の拘縮が多く起こり、重い荷物を持ち上げる時だけでなく、くしゃみや、整髪時などのわずかな動作がキッカケとなってぎっくり腰を起こしてしまうのです。ぎっくり腰の方は起立筋、大腰筋の拘縮が特に目立ちます。
ぎっくり腰の根本原因とも言ってもいいでしょう。体のバランスを取ってくれる大腰筋が疲労している状態が日頃からある方は、ぎっくり腰予備軍と言ってもおかしくはないのです。バランスを取っていた筋肉が疲労しすぎて、ほかのサブ的にバランスを取る小さな筋肉がバランスをとる筋肉に変わります。しかし小さい筋肉ですから、疲労もしやすく拘縮してしまうと即ぎっくり腰まっしぐらです。 
大腰筋、起立筋群が柔らかい人で、ぎっくり腰の痛みが出ていた患者さんは今までで一人としてみたことがありません。ご自身で大腰筋を緩めるストレッチなどはできないと思いますので自分で無理やりストレッチすることは避けましょう。
名古屋にあります当整体院では、痛みを取るだけでなく、その後のケアも含めて重心を整え、その後に負担の掛かりにくい姿勢に整えていく整体をしていきますのでご安心ください。ぎっくり腰整体は痛くありませんよ。また、ただのぎっくり腰だと思っていても腰椎ヘルニアなど他の病気の方も多々見受けられます。早めの整体をお勧めします。当院はぎっくり腰の解消が非常に得意です。

ぎっくり腰の対処方法

一般的な対処方法は、ぎっくり腰になった時、患部を冷やします←炎症があるときはとにかく冷やす。そして痛い部分の熱感(ジンジンする感じ)が無くなったら冷やすのをやめます。
よく、痛いときはどうやって寝ればよいのですか?と質問されることがあるのですが、腰が痛いときには痛みを感じない方法で寝るのが一番で、人によってはエビのように丸まって横寝になったり、うつ伏せだったりそれぞれです。痛みを感じることは痛い腰以外の筋肉が緊張してしまうことがあるので2次的に痛みが発生することも考えられます。無理のない、一番ストレスの無い姿勢を探しましょう。
約80%の方が、横向きで寝るのが痛みを感じにくく楽に寝れます。
横向きになると肩が痛くて寝られない方は、仰向きで膝を立てて寝ます。膝の下に何かを入れると仰向きの状態になりやすいです。

ぎっくり腰の整体 名古屋金山の整体院

当整体院の整体は痛みを伴わない赤ちゃん・妊婦さんでも受けられる優しい整体。眠ってしまうような整体施術ですからご安心ください。
ぎっくり腰を超短期間で痛みを和らげ解消する整体。
当整体院は名古屋地域以外からも多くご来院、ご紹介していただいております。
当整体院では、ぎっくり腰になった原因だけでなく、そのまた原因の原因まで取り除いてゆきます。ぎっくり腰の根本原因ですね。
1番大事なのはぎっくり腰に再びならないためにも予防が大切です。
根本的な原因も整体を受けていくことで未病、予防につながります。

ぎっくり腰が、少しの痛みだからと言って、軽いぎっくり腰の腰椎症をほかっておくと、車椅子の生活や寝たきりの生活、仕事が出来なくなってしまうこともあります。プロの選手ではそれで現役引退を余儀無くされる方もいらっしゃいましたね。
名古屋が遠くて当院に来れない方は、上記の対処法をしっかり実践してください。
名古屋が少し遠いい程度の方は当整体院のぎっくり腰整体を受けてください。

名古屋が遠く当整体院まで来られない方

ぎっくり腰でよく使う骨盤ベルトをお近くの薬局、インターネットで購入できるもので構いませんのでぎっくり腰になったときは使用すると良いでしょう。
また、自分一人で腰痛を治す無料動画視聴の登録はここをクリックです。

ぎっくり腰のコルセット・ベルトの選び方

骨盤ベルトは大きく分けて二種類あります。
・昔、主流だったウエスト全体を覆うような縦幅が広いベルト
・骨盤にしっかり巻く、縦幅の細い骨盤ベルト
縦に長いコルセットは腰を覆ってくれるので安心感はありますが、ぎっくり腰の早期回復を考えた時には骨盤に巻く細めのベルトの方がより良いと言えるでしょう。理由は、骨盤を締めることで、物理的に大腰筋が緩まり、痛みの緩和につながるからです。
幅の厚いコルセットが骨盤ベルトが好ましくない理由は、ぎっくり腰の場合大腰筋を緩めたいのに逆に緊張させて大腰筋の弛緩がしにくくなるためです。

ぎっくり腰の時、正しいコルセットの巻き方の説明
〇正しい位置 腰痛ベルトの巻き方
お尻の真ん中にある仙骨を中心に巻きます。

ぎっくり腰の時の誤ったコルセットの巻き方の説明
×誤った位置 腰痛ベルトの巻き方
ウエスト部に巻いてはいけません。

自分で腰痛を治す無料動画登録はここクリック

ぎっくり腰、腰痛・名古屋市で整体なら金山駅徒歩1分の健康回復院へ

ぎっくり腰など腰痛の悩みはお気軽にご相談下さい。

052-682-4271
(ぎっくり腰の問い合わせご予約はお電話でお願いします。)
LINEやメールでもご予約受付中
住所 名古屋市熱田区金山町1丁目4-13弐番館.1階 金山駅から徒歩1分
営業時間 10:00~21:30(最終受付21:00)
定休日 なし(研修などでお休みをいただく場合があります。)
ぎっくり腰、腰痛で名古屋市で整体カイロ、鍼灸接骨院、整骨院、整形外科などを
お探しの方はどうぞ。土日祝日も営業しております。