足首のねんざなら、名古屋は金山の整体院

名古屋の金山にあります当整体院は捻挫の早期回復が非常に得意です!
独自の捻挫の整体で早く良くなった方が非常に多いです。
一度の整体で足首の捻挫が全快した方もたくさんいらっしゃいます。
捻挫に対する整体アプローチは、びっくりする早さで改善してゆき、名古屋以外からも多くの紹介者が当整体にご来院されました。
試合間際に捻挫してしまった方もご相談ください。
翌日には捻挫だったの?と周りの友達に疑われた。と仰った方がたくさんいましたよ。

捻挫(ねんざ)は、関節を捻りもしくは伸ばして関節を構成する組織を損傷した状態をいいます。

一般的に関節は、2つ以上の骨を靱帯や軟骨などで連結された構成体です。
 靱帯は、関節をしっかり支え、関節の運動方向を誘導する役割があります。また関節軟骨は、関節の潤滑性を高めスムーズな関節運動を可能にし、線維軟骨(半月板など)は、関節の適合性を向上して関節を安定させる働きがあります。
 捻挫を起こすとその靱帯や軟骨を傷つけ、場合によってはその機能を損ないます。従って、捻挫により、関節運動(曲げる、伸ばす、捻るなど)に支障をきたし、関節が不安定となるのです。

捻挫(ねんざ)の全般的な症状 名古屋は金山の整体院

捻挫による腫脹(腫れ)
 捻挫を起こすとほとんどの場合は、関節包靱帯を損傷し、関節包靱帯の内面の滑膜層に炎症が起こるため腫れが発生します。この腫れを起こす成分は、滑膜層より分泌される液状の物質です。この液状の物質が関節包の中に充満すると関節の可動範囲が狭まり、疼痛が発生します。
 通常は、徐々にこの腫れが引いていきますが、初期の処置が不十分だと腫れが慢性化し、関節液の充満による関節軟骨の代謝不全や関節の適合性不良などを原因として関節軟骨の変形を生じることもあります。

捻挫による内出血
 損傷の程度によりますが、関節包靱帯やそれを補強する側副靱帯などが部分断裂を起こすと、その部分より出血を生じ、見た目にも青黒く皮下出血斑が広がっているのが確認できます。このような内出血を生じたものでは、しっかり固定しないと関節が動くたびに傷ついた部分の傷口が開き、靱帯の再生を妨げ、関節の修復に時間がかかります。また損傷がひどく断裂範囲が広い場合は一部の靱帯が修復されないまま萎縮して消失(変性)してしまうこともあります。

捻挫に起因する運動痛
 捻挫を生じると関節は本来の機能を失い、関節運動時に疼痛が起こります。特に捻挫を生じたときと同じ向きに捻る(もしくは伸ばす)と強い疼痛が起こります。

捻挫による圧痛
 捻挫により損傷した靱帯と一致した部分を指などで押すと痛みが起こります。これを圧痛といいます。この圧痛箇所を触診することにより傷めた関節構成組織や部位の特定ができます。

 捻挫の応急処置  捻挫は名古屋金山の整体院

 捻挫を起こすと炎症で患部が熱を持つことが多いので熱感のある部分を冷やし、安静にしてください。
(この時冷やし過ぎも禁物です。他の部位と比べて熱感が無くなったら冷やすのを止めます。)

包帯やテーピングテープなどの固定用具があれば患部を動かさないようにすることが大切です。
捻挫は患部がずれたままになっていると回復が遅くなります。
なので、当院の施術で関節を正しい位置に戻してあげることによって、
腫れや痛みがひいてくるのが早くなります。
捻挫(ねんざ)でお困りの方は名古屋金山の当整体院へ。


捻挫(ねんざ)で名古屋整体なら金山駅徒歩1分の健康回復院

捻挫(ねんざ)・くじき・背中の痛み・肩の痛み首の痛み・寝違い・手の痺れ・足の痺れ・股関節の痛み・膝の痛みなど症状はお気軽にご相談下さい。

052-682-4271
(足首の捻挫(ねんざ)のご予約、問い合わせなどはお電話でお願いします。)
住所 愛知県名古屋市熱田区金山町1丁目4-13弐番館.1階 金山総合駅から徒歩1分
営業時間 10:00~21:30(最終受付21:00)
定休日 なし(研修などによりお休みをいただく場合があります。

名古屋で捻挫改善整体・カイロ・マッサージ・鍼灸接骨院・整骨院・整形外科等を
お探しの方。ねんざやスポーツ障害などでお困りなら名古屋市金山の整体・健康回復院へ!
土日祝日も営業しております。

名古屋市熱田区金山駅すぐ足首の捻挫・スポーツ障害の整体院

健康回復院
金山駅から歩いてすぐの整体院です。名古屋で評判の捻挫の整体をお探しの方に

 当整体院が口コミで評判、名古屋市以外の遠方の方も来院!!