名古屋市熱田区のシンスプリント整体・スポーツ障害なら当整体院へ 名古屋のシンスプリント整体 名古屋市金山のシンスプリント・足の痛み・スポーツ障害なら当整体院へ

名古屋市金山にある当整体院にはシンスプリントでお困りの方が名古屋はもとより全国から来院されています。ソフトで安心な施術なので子どもや女性でも安心してシンスプリント整体を受けていただくことが可能です。

名古屋市熱田区 シンスプリント スポーツ障害

シンスプリントは「脛骨疲労性骨膜炎」といわれ、繰り返しのランニングやジャンプを過度に行った場合に発症しやすい障害です。

使い過ぎの1つであり、繰り返しのランニングやジャンプを過度に行った場合に発症しやすい障害です。筋肉や膝、股関節などの柔軟性低下、可動域が狭いことが発生の誘因となります。新たにスポーツを始めて、急激な運動量増加が一番悪い影響を及ぼします。特にランナーの発生頻度が高くなっています。

最近のマラソンブームで、しっかりストレッチができていないことが原因によるシンスプリントの方の来院が非常に増えています。シンスプリントを放っておいてを我慢して悪化すると疲労骨折をしてしまう事もあるので早めの対処をしましょう。

シンスプリントの症状
シンスプリントの症状と言えば、初めは脛骨の下3分の1に痛みが出るのが特徴です。最初は刺す様な痛みできなく、鈍痛です。
症状が出始めた頃は、運動の開始時に痛みが出現し、体が温まる頃には消失、運動後にまた痛みがでたりします。
1:ウォームアップにより痛みが消える
2:スポーツ終了後に痛む
3:スポーツしている時常に痛む
4:常に痛みがあり日常生活にも支障がある
治療も休養もせずにそのまま運動を続けていると、運動中の痛みが消えなくなったり、日常生活でも痛みがでてきたりしてしまいます。
シンスプリントかな?と思ったら早めに整体を受けられることをお勧めします。

シンスプリントの原因
1:練習量が多すぎる
運動を始めたばかりで自分に合った練習量を選べていない可能性があります。初心者が部活など周りに合わせて頑張りすぎてしまうと、結果的に過多になってしまいます。
急な負担はシンスプリントの原因になります。

2:偏平足
足の形は元々の足の骨格プラス、足の裏やふくらはぎの筋肉の張りによって決まります。偏平足の状態は地面に着地した時の衝撃を受け止められず。足に負担がかかってしまいます。そのことによりシンスプリントの原因になります。

3:成長期
急激に身長が伸びている時期は、骨が伸びていくのに対して筋肉の伸びが追い付かず、骨に対して筋肉が短い状態になってしまいます。短い=筋肉が張った状態になることにより、運動や疲労の影響を受けやすくなることや足関節の柔軟性が失われてしまうため、シンスプリントになりやすくなってしまいます。

シンスプリントの予防
一番大事になるのがストレッチです。運動前と運動後もしっかり行うことによりある程度予防できます。具体的にはふくらはぎの腓腹筋・ヒラメ筋・後脛骨筋をストレッチします。後は適度な休息も大切です。

シンスプリントの治療
病院でのシンスプリントの治療は運動などの制限。痛みが強いときは安静、アイシング、消炎鎮痛剤などの薬を用います。電気治療、インソールなどもあります。

シンスプリントの施術

画像の説明

当院では原因になっている筋肉にアプローチし、疲労やこわばりをしっかり取り除きシンスプリントの痛みに対処してきます。
元々は「偏平足」「筋肉の緊張」「疲労」が原因となっていることが多いので、どうしてその様になってしまったのか、片脚だけに痛みがある場合には身体の傾きや歪みで一方に負担が掛かり過ぎている可能性があります。
しっかり見極め、今だけでなくこれから先再発しない身体づくりをサポートいたします。