肩の痛み

肩は日常生活を送るうえで、可動域が制限されると様々な支障が出てきます。
肩が痛くなるものとして肩こり四十肩野球肩・腱板損傷・脱臼などが考えられます。あなたは肩の痛みの原因は何か、わかっていますでしょうか?人それぞれ肩の痛みも異なります。加齢(筋力低下)からくるもの、使い過ぎで痛みが出ているもの、姿勢などの歪みからくるもの、と様々です。

d235df5944b572c5363e362792d5e229_s[1]

肩こり

肩の痛みで1番多いのが「肩こり」です。日本人の国民病とまで言われているほどお悩みを抱える方は多いはず。首の付け根位から肩・背中にかけて張る・痛い・重いなどの症状があります。さらに重症化すると頭痛・吐き気などの症状まで発展してしまいます。概ね多い原因として姿勢不良(猫背)など・ストレートネック・ストレス・身体の冷え・デスクワーク・緊張が続く…などが考えられます。

四十肩・五十肩

突如肩の痛みに襲われ、その後可動域に制限が出来てしまいます。40代・50代に多い症状ではありますが必ずしもそうとは限りません。衣服の着脱・シャンプー・洗濯物を干すなど日常の生活に大きな影響を与えます。

野球肩

野球をされる方、特に投球を沢山行うことにより筋肉の緊張や疲労が原因となり肩に痛みが生じます。最初は練習後だけだったのが、徐々に悪化していくと投球動作自体にも痛みを感じることがあります。炎症が痛みの原因ですが、なぜ炎症が起こるほど一部分だけ使いすぎてしまったのか、しっかり見極めが必要です。

ゴルフ肩

ゴルフをした後に、肩や肩甲骨内側に痛みを感じる事をゴルフ肩、またはスイングショルダーと言います。テークバック時に自分の適度な可動範囲を超えて無理してしまったり、腰を回さず肩を引っ張ってしまう癖のある方のその動作は肩の後ろにストレスを与えます。こうした疲労がゴルフ肩の原因となります。