「野球肘 肘か痛い 肘が曲がらない
     名古屋市熱田区 名古屋市中区 金山駅前で評判の整体院」

  13才 中学生  症状 左野球肘(離断性骨軟骨炎)

 小学5年生の頃から野球を始めたが、間もなくして左肘に

違和感が出始め痛みで思うような練習が出来ず、1年前に

整形外科で左野球肘(離断性軟骨炎)と診断されました

上腕骨小頭の軟骨の損傷は3カ月で治まったそうですが、それ以後

は補欠であまり練習に参加できていないとのこと。

初見では、姿勢の歪みや肩・肘・手関節の可動域制限があり

肘に連動する筋肉もカチカチに固まっておりました。

1回目の施術後 投球もスムーズに出来るまでに回復しました

付き添いで来られていたお父さんが

『野球を初めてすぐに肘を痛めて、まともに野球が出来ていないので』

『もっと野球の楽しさを教えてあげたい』

と言っておられました。

これからも野球少年の健康回復のお手伝いをしていきたいと思います