「顎関節症 マウスピースをつくったら音から痛みに・・・   
      名古屋市熱田区金山 名古屋市中区金山 口コミで評判の整体カイロ」

中学生時代から顎関節症になり 音がなっていたが

痛みや開けにくいなどの症状がなかったので放置しておいたが

口が開かなくなったので 顎関節症専門の歯科にいったところ

マウスピースを作るしかないといわれ作ったところすぐに痛みが

出始めて その状態を伝えに歯科にいくと痛い所さらに痛いぐらい揉まれて

さらに悪化してきてしまい。どうしようと思ってからの来院。

骨格からすると本来左にずれながら開いていくだろう下顎が

なぜか右にずれようとするので、関節にかなりの無理が出ている状態でした。

一度目の施術で指1本しか入らなかった開口部分を2本入るようになりましたが

それ以上行くと痛みが出てしまう状態でした。

2回目は いきなり顎を真っ直ぐにせずに長年の歪みのほうに修正すると

痛みもへりました。

もともと音がなっている部分に軟骨が形成されるほど 音を鳴らす癖や

さわり癖がついているので、生活習慣の指摘をさせていただいて終了。

軟骨が再形成されないような骨盤づくりをするためのストレッチと合わせて

やっていくようにすれば、重度の顎関節症ですが 改善してくと思いますよ。

がんばりましょうね。