「顎関節症? 何も変わらないマウスピースと筋弛緩剤
     名古屋市中区金山 名古屋市熱田区金山  口コミで評判の整体カイロ接骨院」

顎関節症の診断でマウスピースを処方されて筋肉弛緩剤をのんでいた女性

以前から顎関節症はあったようですが、痛みの原因は別のところにあったようです。

下顎の中の筋肉が痛んでいたこととリンパのつまりがおおきかったので

弛緩させるだけの処置では難しかったかもしれませんね。

一度で開けるのも痛みも半分以下になったことに驚いていらっしゃいましたが、

すぐに痛みがもどらないようにしておくためにも 仰向けで寝やすいからだと

座った時に足を組みたくならない骨格を取り戻す事が先決ですね