「頸椎椎間板ヘルニア 潰れ 損傷 40代男性
     名古屋市熱田区中区金山 口コミで評判の整体カイロ革命」

お電話で 肩や腕のいたみ首のはりを訴えられていた男性。

以前 野球肩をやったことがあり 今は五十肩もあるとのこと。

幸い 五十肩は経度で80度までしかあがらなかったのが すぐに

バンザイができるようになりました。

猫背をとても気にされており 奥様にもいつも格好悪いと

いわれていたそうです。

とても 一生懸命 自己療法を聞いて下さるので たくさん教えてしまいました。

四回目の今日で 違和感もなく 後はがんばりますと言っていただけました。

でも まだ不安だから 来週もきますとも(笑)

頸椎のヘルニアは ハッキリ言って回復にとても忍耐がいります。

頸椎枕をしようしてもかなりの回数かかりますが

直ります。 人間の脳ってすごいんです。痛くない日が週の半分ぐらいに

なってくると どんどん回復していくんです。勝手に・・・

だから 当院の施術は それを加速させるだけなんです。

毎日 身体を悪くする動作を少しでも減らすことを目標にすれば

私たちが思うよりも早くに回復することもよくあります。

頸椎の手術は お医者さんはなるだけやりたくないそうです。

なぜなら 失敗例がたくさんあるから・・・

当院の施術と自己療法は 痛みを伴わずに行います。

怖がりのかたでも 3回目ぐらいには寝ながら受けれますよ。

頸椎ヘルニアは 肩コリや首コリや 指先の病気と間違えられがちです。

湿布を処方してしまう やる気のない整形外科もあります。

自己判断が一番怖い 症状でもあります。

有名な近くの医療機関などで検査だけは 受けてきてください。

画像に映るものが原因そのものという場合も半々ぐらいにありますので

当院で回復させていく場合でも 医療機関の画像検査は何回でも受けてもらって

大丈夫です。ご存じかもしれませんが MRIやレントゲンは 撮る角度を

いかようにでも変えて写せます。ようするに その先生とレントゲン技師の

センス次第で原因を写せるかどうかがかかっているのです。

なので ほぼ一回しか画像検査を行わずに 悪い所はないですねと診断して

しまう 整形外科医が多くなってしまうのです。

当院の検査は わかるまで何回もやります。重症の方などは ほぼ毎回検査してから

施術に入ったりもします。

なので 自己判断や思い込みの施術にならないように 患者さんも施術者も

身体とのコミュニケーションが大事なんですよ。